トップ  >  イベント一覧  >  タイロン橋本withウスダミホ

タイロン橋本withウスダミホ

開催日
2019-02-15
時間
開場18:00/開演19:00
ジャンル
エリア
西エリア
会場
ESQUERITA68(エスケリータ68)
静岡県浜松市西区大平台2-48-30 リサービア大平台1F
http://esquerita68.at.webry.info/
料金
予約3000円/当日3500円
(共に1ドリンク別)
主催
ESQUERITA68(エスケリータ68)
お問合せ先
053-485-9968 (14:30~20:00:店休日を除く)
URL
https://esquerita68.at.webry.info/201812/article_10.html
チケット販売

http://esquerita68.jimdo.com/ticket-mail-form/
3日以内にメール返信のない場合は、
電話053-485-9968(14:30~19:00:店休日を除く)にてご確認願います。

このエントリーをはてなブックマークに追加

イベント詳細情報

<タイロン橋本>
1971年ニッポン放送主催の「全国フォーク音楽祭」にて大賞受賞をきっかけにプロの道に入る。慶応大学在学中に細野晴臣の率いるTin Pan Alleyに参加。 その後芸大大学院在学中の坂本龍一などと交流を深め、のちに細野晴臣の誘いによりYMO1stアルバムで「シムーン」を歌う。
(クレジットは橋本俊一)

'77 日本初のサルサバンド「オルケスタ・デル・ソル」に参加しアルバム2枚を残す。
'83 スティビー・ワンダー作曲のStay Gold(フランシス・F・コッポラ監督の映画ーアウトサイダーズのテーマソング)を日本リリースし、その際タイロン橋本に改名、オリコン洋楽チャート12位にランクされる。
'88 1st オリジナル・ソロアルバム"Moments Of Love"を全米・日本で発売し、全米3大ネットワークNBC制作のドキュメンタリー"The Evening"にシルベスター・スタローンとともに出演、全米放送される。ルーファス&チャッカ・カーンのベースプレーヤーBobby Watson、ジョージ・クリントン・バンドのClay Lawrey、 Bell & James、グラミー賞受賞プロデューサー Peter Bunnetta & Rick Chudicoff、Joe Sample、David T. Walker等を起用し、今までに8枚のソロ・アルバムをリリース。

NAACP(全米黒人地位向上委員会)集会、全米各地の教会、ラングストン・ヒューズ作Black Nativity などに出演し国内外で活躍中。
現在まで600余りのCMの歌唱、作編曲、演奏、プロデュース、ナレーション、出演等に関わり、第41回カンヌ国際広告映画祭にて銅賞受賞。
故ジェイムス・ブラウンを起用したUCCコーヒーでは、作編曲、プロデュース、出演交渉までも手がけジョージア州オーガスタにて憧れのJ.B.とレコーディングする。
2014年The Unforsaken 1st live album"Hello To The World"で再び世界を目指す。

http://www.tyronehashimoto.com/



<ウスダミホ>
シンプルなグルーヴ、多彩な音で今を表現するピアノ弾き、声使い及び曲作り人。
6/8拍子好き。ベース大好き。
一音で空気感が変化する、音や音楽にある凄まじい深さと高さに魅了されている。
Black Musicが大好きな一方、最近は自己発生的な音楽を制作。
-----------------------
4歳からピアノを始める。クラシック音楽を聴く一方で、
その頃流行っていた黒人音楽に面白さを感じる。
中学時代から曲を作り始め、高校時代に弾き語りライブ活動開始。
同時にクラシック音楽の歌唱も習う。
大学卒業後、音楽学校メーザーハウスにてピアノ、セオリーなどを修得。
大空はるみ氏と仕事をする中で歌を歌うように勧められ、歌の面白さを知る。
CM音楽制作、自己のリーダーユニットライブ活動、作曲、編曲などに携わる。

skyperfect TV "EcoMusic"(2012年3月終了)に多数の楽曲を提供。
2006年からFunk,Jazz,Black Musicバンド"Lakeside Struttin' Band"にキーボーディストとして参加。
その他、自分の実験ユニットとしてエレクトリックベースと歌のデュオや色をイメージして
他分野のアーティストとコラボレーションして即興で作っていく「ウスダミホ-COLORS- ライブ」
(2011-)などを定期的に行っている。

http://www.miumusic.net/top.html

マップ/アクセス

Event Calendar

2019年08
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
2019年09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

Genre

pagetop